マツモトキヨシの薬剤師になる方法、メリット・デメリットは?

マツモトキヨシで働きたいと決まっている場合は、マツモトキヨシの求人採用ページに直接登録するのが
お勧めです。では、民間の転職サイトやハローワークを使うのと直接マツモトキヨシの採用サイトに
登録するのとでは、どのような違いがあるのでしょうか?
メリットとデメリットを、それぞれまとめてみました。

マツモトキヨシに直接問い合わせる場合のメリット・デメリット

まず、マツモトキヨシの求人採用ページから直接
登録する場合のメリットとデメリットは何でしょうか?

これは表裏一体ではあるのですが、まずはメリットから。
出ている求人内容自体は同一のものなので、直接登録しても損はしません。
逆に薬剤師転職サイトを利用しても、何か条件面で得をするかというと、
そういうこともありません。つまり、間に業者が入っていない分、マツモトキヨシのリクルート部署から
のレスポンスを早く受け取れて、スピーディなやりとりが出来るわけです。

それでは、マツモトキヨシの求人採用ページに直接登録するデメリットは何でしょうか?
それは、マツモトキヨシならマツモトキヨシに心が固まっていないとやり辛い、という点です。
ひとつのドラッグストアに問い合わせるということは、その会社に行きたい!という気持ちであることが
前提で話は進んでいきます。5つの会社を検討したい場合、5回別々に登録(申込み)しないといけません。

薬剤師求人サイトからマツモトキヨシの求人を探すメリット・デメリット

それでは、リクナビ薬剤師などの薬剤師求人サイトを利用する場合の
メリット・デメリットはどうでしょう?…直接登録の逆なんですけどね(笑)

まず、メリットから。
一番大きなメリットは、1回の登録で複数の会社にまたがった広い分母の
薬剤師求人を探してもらえる点です。
その中で希望条件に合った求人を、
自由に選ぶことが出来ます。また、薬剤師求人サイトによっては、
コンサルタントさんが面接に同行してくれる場合が多いです。
サポートが強力なので、安心感は格別なはずですよ。

では、デメリットはどうでしょうか?
やはり、一つ一つの求人を見ると直接登録の場合と同じ内容の為、
必ずしも薬剤師求人サイトならではの求人案件があるわけではない点です。
逆に、間に薬剤師求人サイトが介入している分、マツモトキヨシのリクルート部署からの
レスポンスが遅く、結果やりとりが遅くなることもあります。

あなたはどちらの転職方法を選びますか?

私なら、マツモトキヨシで働きたくても、万が一の可能性を期待して薬剤師転職サイトにするかな…
ひとりひとり、事情は違うと思いますし、あなたに合った転職方法を選んでくださいね。
ちなみに私はマツモトキヨシでの薬剤師の仕事がとても充実しているので、転職は考えないです!(笑)

転職しないメリット・デメリットは?

ここまで転職前提でのお話をしてきましたが、転職しない、という選択肢だって有ります。
最後に、そもそも転職しない場合のメリット・デメリットを考えてみました。
まず、転職しない場合のメリットは何でしょうか?
大きなメリットとしては、ひとつの場所に落ち着くことによってその職場への限定的な
熟練度が増します。石の上にも3年と言いますが、長く続けることによって得られる気付きも多いはず。
最初は辛い職場でも、気付いたら立場が楽になっていた…なんてことも、あります。

それでは転職しないデメリットは、何でしょうか?
端的に言うと、チャンスの喪失による損をする可能性があります。
給料・待遇面はもちろん、人間関係や職場特有のストレスも耐える必要がない場合は多いです。
転職をせずに今の職場に居続けることで、その「損」は次第に積み重なり、5年後、10年後、
20年後には大きな差となって目の前に現れます…その時は…もう遅いですよね(笑)

何事も、早めの軌道修正が必要という意味では、転職しないデメリットというのは重大な気がします。